ときどき、山。

2016 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

伊予富士

2016/12/16(Fri) 21:45
霧氷の季節到来ということで伊予富士へ。

そう思った人たちが他にもたくさんいたようで、寒風山ともども結構な賑わいでした。曇天にもかかわらず。

駐車場付近は寒いながらも雪の気配はなし。道路の凍結もなし。どうなの?と思いつつ桑瀬峠へ。

伊予富士 1009

峠近くまで上がってくるとさすがに白いものが。それでもまだ、どうなの?と思いながら、峠で一休みして伊予富士への稜線を進んでいきますと、

伊予富士 1016

白いものが増えてはきましたけど、前方に広がる景色がいつもの感じで、先のことはさっぱりわかりません。

そしてわからないながらも、いつものように雲の中へ突入していくわけです。

するとどうでしょう

伊予富士 1019

真冬やん

伊予富士 1027

嵐やん

で、前方の強風に煽られまくっている木の中↓を通過しますと、

伊予富士 1030

風で飛ばされた氷が顔に当たって痛いのなんの。

その後、上ったり下りたりして基本的には伊予富士が正面に見えるところまで進むわけですが、

伊予富士 1040

やっぱりこんな感じではあるものの、こちら側は風裏になるので先程よりはマシな感じで歩けます。痛くもないですし。

伊予富士 1042

で、取り付きへと下る道まで来ても先はやっぱりこんな感じで、

伊予富士 1053

振り返ると来た道が若干よく見えるというあまり意味の無い現象が起こったりしていました。

伊予富士 1059

もうどこを撮っても何がなんやらで、あとから見てもこれどこ?水中?とは思うものの、実際見ている分にはそう悪くはなかったです。

伊予富士 1062

山頂への上りに取り掛かったものの、勾配はきついし、登ったところで何も見えない所で強風に晒されるだけだし、腹減ったし、もう止めて朝買ってきたうどん食おうかと考えたのですが、体の方が意に反して引き返すことを拒んだもので、すぐ後ろから追うように来ている人(単独の女性でした)も居たので、そのままずるずると上って行きました。

伊予富士 1071

証拠写真だけ撮って、クソ寒いのでとっとと下りてうどんです。

で、うどんを火にかけながらガスが薄くなってきたなあと感じていたところ、遠くに青い空とか見えてきたりして、

伊予富士 1078

ずっとではないものの、ガスが取れて山頂まで見えたりして、ちょっとご機嫌な感じでうどんをすすったりできて、よかった、よかった。

といったところが今回の伊予富士の巻でして、相変わらずガスには付きまとわれていますが、それでもまあ登ってよかったという山歩きができたことに感謝です。

伊予富士 1077

戻りで撮った寒風山方面ですが、山頂はやっぱり雲の中のようで、それはともかく、稜線を挟んでの対比を見ますと、南国土佐はやっぱり白くない。

伊予富士 1080

ちゃん、ちゃん。
スポンサーサイト
愛媛の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
849位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。