ときどき、山。

2016 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

三嶺

2016/11/10(Thu) 21:29
予報は晴れ時々曇り。降水確率10%。さあ!!と暗がりの中、家を出発したわけですが、登山口に着いて空を見ると何か変。

とは言え、ここまで来たからには出発せざるを得ないというまでの決意ではなく、まあ三時間後はわからんし~という程度の軽いノリで出発。

今回は新メンバーを迎え、自身は4ヶ月ぶりということでテンションが上がったわけでもないでしょうが、思ったより速く進んで、そのせいか頻繁に足を止めながらも、1700m付近からの真白き世界↓を喘ぎ喘ぎ突き進んだわけです。

三嶺 003

で、まあその三時間後に頂上池に着いたのですが、案の定と言うか、まあそうだろうなという状態↓で、

三嶺 012

そんな中でも、コメツツジ綺麗やん↓でもありました。

三嶺 009

まあ、そういう状態ですので、風強いし寒いし耳痛いし、、という三重苦を解消すべくとりあえず小屋に入って飯を食う。で、食うもの食ったらそれなりに身も心も回復して真白き道を進む勇気が湧いてきて、

三嶺 013

ということではなく、ここまで来たら行かにゃあ、という義務感で山頂へ。

三嶺 016

ご覧の通り、あの天狗塚へ向かう綺麗な稜線や遠くに連なる山々などは当然見えませんので、

三嶺 017

とっとと下りたいところでしたが、山頂付近のコメツツジが存外綺麗で、まあよかったね、と暫し撮影会。

三嶺 018

終わりかけでほぼ茶色くなったコメツツジの紅葉にほぼほぼ満足して下山の途へついたのですが、森の中まで雲が降りてきてまして、まだ昼過ぎとは思えない薄暗さ。幾つになってもガス男はガス男のままなのでしょうかねえ。

三嶺 020

最後にずっと白い写真ばかりで恐縮ですので、数少ない色付きの写真でも。

三嶺 023

その後二日ほど筋肉痛で歩くのが苦痛でした。おわり。
スポンサーサイト
徳島の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
849位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。