ときどき、山。

2014 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

丸笹山

2014/09/28(Sun) 16:21
丸笹山 1001

二ヵ月半振りで、数日前には腰痛を再発させて、独りで、どうしたものかと思案したものの、せっかくの好天を部屋で過ごすのも如何なものかと思い立って、じゃあどこへ行こうかと思いを廻らし、状況的に無理はしたくないので短時間で登れて、いい森があって、いい景色のある山と考えたらここしか思い浮かばなかったので、2時間強かけていそいそとやって来ましたよ、の登山口です。

丸笹山 1003

ルールは守りますし、税金もきちんと納めているので、入山しても大丈夫だと思いました。

丸笹山 1004

葉っぱはまだ青々としていました。涼しくなったとはいえ、まだ9月ですからねえ。

丸笹山 1007

コースタイム60分の山だけあって、15分くらい歩くとスカイラインが見えてきました。

丸笹山 1008

それから数分後には尾根道に出ます。実を言うと、数年前に登ったときの記憶と全然一致してなくて、こんなに簡単でよかったのかな?と思いながら歩いていました。

丸笹山 1009

しばらくはお散歩気分で。

丸笹山 1010

水源の山のせいか、山全体が苔々しています。

丸笹山 1013

で、30分ぐらいで樹林帯を抜けました。そこから見えるのは剣山と次郎岌。あちらの山もまだ青々としています。

丸笹山 1016

それはそうと、雲多いです。。

丸笹山 1020

後は笹原を歩いて山頂を目指します。

丸笹山 1022

そして山頂です。40分ぐらいで着いてしまいました。

丸笹山 1023

東側、赤帽子山方面。

丸笹山 1026

西側、塔丸方面。正面奥は、毎度おなじみの三嶺です。この角度で見ると、塔丸山頂も、ちゃんと山頂してるのですね。

丸笹山 1030

いったんは山頂で腰を下ろしたのですが、山頂を支配する羽アリの大群の襲撃を受け、二段下まで落ち延びてそこに陣を張りました。時間も早かったので、簡単にオレオで養分補給。

丸笹山 1039

しばらくぼんやりしてますと、いつの間にか次郎岌付近には雲が下りてきてました。風がなかったので寒くはないものの、雲に覆われ日がほとんど差さないし、晴れて最高!!みたいな感じには全然ならなかったので、ぼちぼち戻ることに。滞在時間20分ぐらいだったでしょうか。ちなみに、登り始めと下山時に登山口付近で人とすれ違っただけで、その間誰も来なかったので、滞在中は一山貸切状態でした。

丸笹山 1042

笹原ではリンドウがぽつりぽつりと咲いていました。

丸笹山 1021

時期的には終わり間近?のシコクフウロもぽつぽつと。

丸笹山 1046

塔丸に向かって下ります。一応地図上は尾根で繋がっていますが、どのみち車道で分断されているので、行くとすればそれぞれの登山口から行くのが妥当かと。

以下、登山道脇で見つけたキノココレクションです。

丸笹山 1060

可愛いキノコ

丸笹山 1063

恥ずかしがりやのキノコ

丸笹山 1065

キノコらしいキノコ

丸笹山 1068

艶かしいキノコ

そして、謎の物体。

丸笹山 1057

遠目で見たときは、枝に糞が刺さってるのかと思いました。枝は落ちた枝です。この状態で落ちたのか、落ちた枝に腐生しているのか、あまり気持ちのいいものでもないので触ったりはできませんでした。基本、臆病なもので...

と、非常に短い時間ではありましたけど、それなりに楽しく過ごせたいい山行でした。もう少し青空が欲しかったのと、山頂の羽アリ軍団さえいなければもっとよかったのですけどね。まあ、仕方ないですね。また今度。
スポンサーサイト
徳島の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
849位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。