ときどき、山。

2014 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

烏帽子山

2014/04/29(Tue) 13:54
一週間前には濃霧で登山口までたどり着けなかった烏帽子山へ再び向かいました。天気予報は晴れのち曇り。天気は大丈夫そうです。

到着したときには既に車が一台。それと向かう道すがら先行していた車の人(矢筈山に向かわれました)と、バイクの人(おそらく寒峰に向かわれた?)と自分たち。その時点でこの山域にいた人はおそらく5~6人。烏帽子山方面(前烏帽子山で寒峰方面と分岐します)には自分たちを入れてたぶん3人の入山者。そういう山なんだなということが、後々わかってきます。

烏帽子山 1001

標高1520mの落合峠から落禿という1683mのピークへまず向かいます。この先標高差100m前後の登り下りを繰り返して1670mの烏帽子山に向かいます。数字的にはたいしたことないじゃんな雰囲気ですが、これが…

烏帽子山 1003

寒峰への標識がある所まで来ると(登山口から300mほどですが)、烏帽子山が見えてきます。

烏帽子山 1004

こちらは落禿。その名のとおりの山容です。

烏帽子山 1005

この辺りまだ春先な感じでしょうか、けっこう風が強くて寒かったです。

烏帽子山 1006

冬を越した笹が繁茂してます。おかげで踏み後はほとんど見えません。前烏帽子山と烏帽子山の間の笹薮のことは聞き知って覚悟はしていましたが、こんなに早くから登場するのは予想外でした。

烏帽子山 1007

登山道に冬の名残りなどを見ながら、

烏帽子山 1012

落禿山頂到着。なんにもありません。

烏帽子山 1013

で、前方には次に向かう前烏帽子山です。右は烏帽子山。こうやって見ると緩やかそうな稜線なんですけどねえ。

烏帽子山 1014

ピークを越えても変わらずこんな感じです。

烏帽子山 1016

しばらくは緩やかに下っていくのですが、いきなりストンと鎖場が登場します。後から思えば、この一見危険そうな所が一番楽でした。

烏帽子山 1019

で、そのまま下り(と書くと緩やかそうですが、ここの帰路での登り返しで倒れそうになりましたw)ふと見上げると前烏帽子どーん。

烏帽子山 1021

下れば当然登ります。

烏帽子山 1022

登りも下りも足元不案内で必然的に下ばかり見てますので、こういうものを発見したりもします。

烏帽子山 1023

てんとう虫との出会いに励まされながら登り切ると、ようやく前烏帽子山山頂。落禿間のコースタイムは『山と高原地図』的には40分ですが、1時間くらいかかってしまいました。

烏帽子山 1024

ここで寒峰への稜線から分岐して烏帽子山に向かいます。実は1kmと書いてあるのを見て余裕!とか思ってしまったのですが、それは大きな間違いで1km以上あったら戻れていなかったも知れません。

烏帽子山 1026

正面に烏帽子山が見えますが、その手前に気になるピークがひとつ。。

烏帽子山 1027

とりあえず下ります。道は相変わらず笹に埋もれています。

烏帽子山 1029

さすがにちょっと先程までとは気合の入り方が違いますね。

烏帽子山 1030

その気合の入った道みたいな所(ですが、比較的楽です)を歩き続けて、最初に気になったピークを越えると突然開けました。

烏帽子山 1031

北斜面で風が強く当たる所なのか、草木が生えていません。手にするものが何もないので、横向きに恐る恐る下りていきました。滑ったら早かったんでしょうけど、黒い土で汚そうだったので転ばないように慎重に。

烏帽子山 1033

ここまで来れば後は下って登れば山頂なのですが、先がここまでと同じような状態だったら割と楽に着けてたと思います。

でも先はさらに笹が深く、背丈近くまで伸びた笹の中を踏み後を探しながら歩くだけならともかく、倒れた笹が足に絡んできたり剥き出しになった樹の根っこに足をとられたりするので、歩きにくいことこの上なかったです。しかも尾根の西側は上からは笹に覆われているので見えませんが、近くまで寄ってみると切れ落ちてました。何で所々で東側に巻こう巻こうとしてるんだろうと思っていたのですが、それに気づいてからは確実に踏み跡を探して辿るようにしました。

烏帽子山 1034

山頂が近くなってきましたが、ここまで来て心配がひとつ。「まさかこのまま直登じゃないよな?」「どこかで巻くやろ?」と言い合いながら進んでいくと、

烏帽子山 1035

そのまさかでした。

烏帽子山 1036

まさかとはいえ登らないことには着かないので頑張って攀じ登ったのですが、さらにまさかのお出迎え。

烏帽子山 1037

助け起こして顔を見るとまちがいなく『烏帽子山』でした。この後この標識は同行者の手によってちゃんと山頂を表す位置に備え付けられました。私はというと、助け起こすのが精一杯でした。もうフラフラ。。


烏帽子山 1041

そして山頂でサンドイッチをほおばりながら、またこれを戻るのかと来た方を呆然と眺めていました。

烏帽子山 1045

草木の生えていない例の場所から撮った烏帽子山のズームアップですが、おそらくこの赤い線を辿ったものと思われます。

20140429.png

グラフで見るとしょぼくれた登山ですけど、かなりキツかったです。もっともっと体力つけないとヤバイことになりかねませんです。

ちなみに、烏帽子山への登り(真ん中の凸の左)以降の登り時のグラフが緩やかなのは傾斜が緩いのではなく時間がかかっているということです。

次はもう少し楽な登山をしたいなw

※道がずっと笹に覆われていたみたいな感じで書いてしまいましたけど、そうじゃない部分もありましたので全部が全部笹こぎの道ではないです。全体から見ると少な目ではありますけど。
スポンサーサイト
徳島の山 コメント:0 トラックバック:0

(少しだけ)五色台

2014/04/24(Thu) 21:37
良いとは言えない天気予報でしたが、とりあえず雨は降らないだろうということだったので早朝より徳島県へ向かったわけです。

で、目指す落合峠は標高1500mほどの所なので、当然山道を車でぐんぐん上っていくのですが、1000m付近まできたところ、

20140419071913.jpg

濃霧で数m先が見えない状況。このまま進むのは危険。敢えてその危険を冒して落合峠へ無事到着したところで、こんな中山に入るのは如何なものか、ということで今回は諦めて戻ることにしました。

じゃあ、これからどうするの?こんな朝早くに、ってことに当然なるわけで、気がそがれてしまって他の山を目指す気力が既に失われた状態で下した決断は、香川に戻ってうどんの食べ歩き。

県人でありながら、メディア的に有名なお店に行ったことがないというのでは話のねたにも困るというわけで、ねた作りのうどん遍路まがいをやってみました。

まず向かったのは、

20140419084903.jpg

山越。感想は述べません。

次に向かったのは、

20140419101247.jpg

がもう。感想は述べません。

で、二杯食べたらすっかり飽きてしまって、もううどんはいいからどこか歩こうという話になって、がもうの駐車場から見上げたのが五色台。

ところが、五色台は知っていても、どこをどうやって登るのかという知識は皆無。そこでスマホの地図に頼ってみると、近くに白峰寺という81番の札所がある。そこから82番の根香寺に向かって四国の道(遍路道)が延びている。そこを歩こうということに。

五色台 1002

取り付いてすぐの所に何かの赤い実。

五色台 1006

と、シャガの群生。

シャガはほとんどがまだつぼみの状態で、日のあたるところの何本かだけ花を咲かせていました。

五色台 1010

すっかり青空が覗くようになっていましたけれど、この時点での時間は午前11時。上空は霞んでいたので、高いところはどうでしょう?

五色台 1011

さすがに綺麗に整備されていますが、山の中はそれなりの道です。ずっとこんな感じではありません。

五色台 1012

しばらく行くと、ツツジの木が一本だけありました。

五色台 1014

そして、その木の反対側に『陸軍用地』

五色台 1015

自衛隊の演習場でした。

五色台 1016

春ですね。

五色台 1017

足すと5km。往復10kmも景色のない山の中を歩きたくはないので、1時間歩いて戻ってくる方式を採りました。

五色台 1018

標柱に『オワリ』と書いたガムテープが貼られていました。『オワリ』があるということは『ハジメ』がどこかにあるはずですけど、

五色台 1021

なんか中途半端な所に『スタート』がありました。『スタート』なら『ゴール』だろうと思うのですが、もしかしたら別のどこかに『ゴール』があるのかも知れませんが、深追いはしません。面倒だし。それにしても、このマークはなんなんでしょうね。

五色台 1022

春ですねPart 2。

五色台 1027

山中の山桜はすっかり散ってしまっていましたが、お寺の入り口には別の桜がまだ咲いていたり、春という季節は十分に満喫できました。でも、汗をかいて山に登りたかったw

五色台 1028

本日唯一の景色らしい景色です。霞んで見えにくいですけど、瀬戸大橋です。

こんな霞も春ですね。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

今年の桜(-_-)

2014/04/06(Sun) 10:11
今、桜は満開です。

ですが、天気が悪い。

なので、ノンフラッシュで撮ると、

sakura 002

昼間なのに真っ暗。。。

仕方なくフラッシュ撮影してみますと、

sakura 001

夜桜かよ、という風情。

というわけで、今年は全くテンション上がりません。

(-_-)←こんな顔にもなりますわ…
コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
867位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。