ときどき、山。

2013 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

石鎚山

2013/07/23(Tue) 22:03
充電の切れたデジカメは、ただの余計な荷物です。

というわけで前日に充電の確認を怠った罰が当たりまして、今回の写真は全てスマートフォンで撮ったものです。なので、色がちょっと変です(ーー;)

実を言うと、石鎚山は遠いのです。MapFanでルート検索しても最短で3時間半とか表示されるし、松山経由石鎚スカイラインだと4時間とかかかってしまうのです。でも、四国に住みながら石鎚山に登ったことがないというのは如何なものかと思うところもあって、今回意を決して登って来ました。

登山口は土小屋。ここまでのルートはナビに任せての松山自動車道いよ西条I.C.→国道11号線→国道194号線→(高知)県道40号線→土小屋というMapFanが3時間半と表示したのと同じルート。実際には2時間半で着いてしまいました。決して違法なスピードでは走っていません。むしろ遅いくらいのスピードだったと思います。それはともかく、この1時間早く着いたこと故の幸運を、後々思い知ることになります。

073800.jpg

駐車場から見た石鎚山。潔いくらいはっきりと見えていました。

074509.jpg

大岩のモニュメント。こういうのが道路の真ん中にあったりします。もっと地味な場所かと思っていましたけど、案外な観光地でした。

075001.jpg

駐車場から舗道をてくてく歩いて、登山口到着。さすがにわかりやすいです(笑)

075309.jpg

登山道という概念からすれば広いのですが、そのままでは擦れ違えないという微妙さ。1時間くらいはこんな道がだらだらと続きます。

081307.jpg

「散策」という言葉がピッタリくる歩き始めです。

082150.jpg

実際見ていた時は大して気にはならなかったのですが、改めて写真で見ると雲が多いですね。

082843.jpg

1時間弱で展望が開けますと、そこには石鎚山の南尖峰。

083040.jpg

ようやく登り始めたと思ったのですが、この後また降ります。

085308.jpg

少し近づきました。

090347.jpg

ここは南尖峰を経由して天狗岳に登るルートへの分岐地点です。さすがにそのルートを行く人はほとんどいないのでしょう。樹が生い茂っていました。

090854.jpg

石鎚山頂まで1.5kmの標識。この辺りに花が多く咲いていました。

090836.jpg

シシウド。

091449.jpg

オオマルバノテンニンソウ(トサノミカエリソウ)。

091533.jpg

たぶん、ミソガワソウ?

091543.jpg

これは、瓶ヶ森です。

091829.jpg

土小屋からのルートは、ちょうど天狗岳の真下を通るようになります。ここまで来ると、成就社ルートとの合流地点は近いです。

092108.jpg

橋が架けられていますが、昔はこの山肌を沿うように歩いたのでしょうか。下は崖ですので、一歩間違えば、の世界です。ここから先もそうですけど、本当なら道は無いのでは?と思われる所がけっこうありました。今では階段とか橋が架けられて、苦もなく通れるようになっていますけども…苦はあるか(笑)

092329.jpg

落石の巣のようになっている所です。

093444.jpg

その先には、シコクフウロ(イヨフウロ)。

093921.jpg

そこから少し行くと、合流地点です。

094147.jpg

二の鎖の下で合流します。の所の鳥居。この階段を上がってまっすぐが鎖場、右が巻き道。

094703.jpg

せっかくなので、登ります。

095246.jpg

途中で下を見おろしたところ。

多くの人が登っているからか、岩がつるつるで手がかりがあまりありませんでした。所によっては、岩ではなく鎖そのものを攀じ登る場面もあったり、かなり体(特に足)にダメージを受けました。

095852.jpg

頑張ってる人。本人の名誉のためにモザイクかけてみました。

165725.jpg

鎖場(矢印の所)の後、極端にスピードが落ちています(笑)

100622.jpg

山頂はもうすぐ。

ということは、続いて三の鎖。

105344.jpg

ですが、なんと通行止め。工事中だそうです。残念、残念(笑)

102623.jpg

ちなみにこれが三の鎖の最上部。ここの左手にお社があります。

102030.jpg

弥山にある頂上社です。何故か時計がありました。

102635.jpg

こちらは天狗岳。高所恐怖症の臆病者は写真を撮っただけです。行ってません。というか、行けません(T_T)

ガスが出て来ています。実は、弥山への階段を上っている時、ちらっと後ろを見たら、まるで連れて来たかのようにガスが上がって来ていまして、ヤバッ!と思っていました。

なので、

171220.jpg

頂上山荘で山バッジだけ買って、そそくさと下山します。

105838.jpg

北側は既に真っ白。。

122842.jpg

駐車場に着いて石鎚山を見ると、山頂はガスの中。これがもし1時間到着が遅かったら、当然もれなくガスの中。本当に幸運でした。

で、帰りはもうあの道は通りたくないから林道を帰るつもりでしたが、なんということでしょう、全面通行止め(>_<)仕方なく石鎚スカイラインから松山を回って帰りましたが、こちらはやっぱり4時間かかりました。登山4時間半、車中6時間半。もう二度目はないな…
スポンサーサイト
愛媛の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
10048位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
640位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。