ときどき、山。

2012 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

伊予富士・お手軽編

2012/11/18(Sun) 21:43
お手軽というにはちょっとばかり登山道が荒れていますが、寒風山隧道から桑瀬峠を経由すると2時間超かかるところを1時間程度で登るルートがありまして、石鎚山系の南側を通る瓶ヶ森林道を使って伊予富士の直下から登ります。

伊予富士01

林道脇にしつらえられた登山口。朝はこの木の梯子が凍っていました。四足歩行で上がります。いきなり手袋ぐっしょり。。

伊予富士02

想定通りの天気でした(笑)

伊予富士03

道の脇には、積雪の名残り。今シーズン初めて見る雪でした。

伊予富士04

稜線まであと少しの所。晴れる気配はまったくありませんねえ。

伊予富士05

稜線上の分岐看板。逆に行くと、石鎚山に続きます。

ここで思いがけず景色が一変しました。テンションだだ上がり↓

伊予富士06

霧氷です。ムヒョー\(^o^)/

伊予富士07

霜柱も喜んでます。

伊予富士08

そんな道をガスの中突き進みますと、

伊予富士09

オーナメントでもあれば吊るしたいと思いましたが、何も持っていなかったので残念ながら素の画像です。

伊予富士10

南側の斜面です。振り向いて撮りました。白い花が咲き乱れる庭園の様。ただ、ガスが…

伊予富士11

山頂への稜線が見えてきました。この先でウサギに出会いました。降りてくる人との間で挟み撃ちにあったウサギは、笹の斜面を駆け上がって行きましたとさ。

伊予富士12

山頂が見えました。こちらは西側になるのですが、こちら側から見た山容が富士山のようになだらかな斜面を持っているということから伊予富士と呼ばれるようになったとか。東側から見ると、ただの変な形の山です。

伊予富士13

山頂です。凍ってます。ザックに付けた温度計の表示は3℃。風がかなりあったので、体感は氷点下だと思われます。というか、霧氷がついてる時点で氷点下でしょうけどね。

この時、山頂には10人の人がいました。そして、その人たちは(自分も含めて)、何らかの物をこの寒風吹き荒ぶ、しかも眺望が全く無い山頂で食べたり飲んだりしてました。ホントに物好きというか…(笑)

伊予富士14

こんな時にも、椅子大活躍。

伊予富士15

下山中、嬉しいことに若干ガスが晴れてきました。すこし遠くまで見えるようになりました。これも南斜面です。

伊予富士16

これは北斜面についた霧氷です。だいぶ見通しが良くなりました。

伊予富士17

たまたま数秒間だけ青空が現れました。やっぱり空は青い方がいいですね。

伊予富士18

分岐まで戻っての写真です。行きとはまったく違います。やっぱり空は青い方が…wでも、西からどんどん雲がわいてきていて、この青空が広がることはありませんでした。

伊予富士19

分岐から逆に行った所に霧氷のトンネルができていました。イルミネーションとか敵じゃない感じww

下山して、めちゃくちゃ冷えた体を温めるべく、近くにある四国三大名湯の一つ(と個人的に思っている)木の香温泉でまったり。その時の空がこれ↓

伊予富士20

なんでやねん…。やっぱり1000m降りると違いますな。(前方に見える寒風山は雲の中w)

ということで、今回はこの辺で。では、また。
スポンサーサイト
愛媛の山 コメント:0 トラックバック:0

三嶺・初冬編

2012/11/11(Sun) 11:18
11月10日。病み上がりということもありつつ、せっかくの季節に綺麗な景色が見たいという気持もあって、天狗塚ならなんとか頑張れるんじゃないかと向かったわけですが、登山口に向かう林道が崩落により通行止め。急遽、その先の三嶺へ。普段の状態でも相当頑張りが必要な山。不安を抱えつつ、行ける所まで行こうと出発しました。

登山道60

今回は従来の登山道がこれまた崩落で進入禁止になっているので、尾根筋を歩く新道。落ち葉踏み踏み。

登山道61

見るからの尾根道。この先、ずーっと急坂が続きます。

登山道62

振り返ると、朝日を浴びる名の無い山。地元では、おそらく何らかの名前で呼ばれているんでしょうけど。

登山道63

下の方では、ピークは過ぎたものの、まだ若干の紅葉が楽しめました。

登山道64

だいたい中間地点のダケモミの丘で休憩中に見上げた空。あまりに気持ちよかったので、風が冷たく吹きつける中フリース着たりして20分くらい座ってました。

登山道65

先に進んで、木の隙間に塔丸(とうのまる・1713m)。天気がいいといろんな山が目に入ってくるものです。

登山道66

高度を上げてからの東側の景色。真ん中が剣山。右が次郎岌。左が丸笹山。手前は高ノ瀬でしょうか。

登山道67

山頂直下。空はまだ青いです。まだ?

登山道68

お尻がキュンとなる所。一面が笹に覆われているので、さほどの恐怖感はありませんけど、怖いです。

登山道69

山頂への分岐。

登山道70

ようやく山頂が見えました。けど、空が白い(>_<)

登山道71

山頂からの景色。東側はまだ少し青いです。正面左に見えるが塔丸です。

と、行ける所までと言いつつ、結局山頂まで登ってしまいました。あえて書きませんけど、おかげで降りはそれはもう壮絶なものとなりましたとさ。

登山道72

下山中。すっかり曇ってしまって、森の中は暗いし、足痛いし、腰にもきてるし。。

では、またです。
徳島の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
16372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
884位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。