ときどき、山。

2012 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

丸笹山・赤帽子山~後編

2012/09/15(Sat) 14:24
登山道32

分岐からは、しばらくなだらかな草原歩きです。まあ、これなら楽々だなーといい気になって進んでいきます。

登山道33

鹿も生きていかないといけませんから…

登山道34

縦走路に入って最初のピークから振り返って見た丸笹山。まだ元気です。

登山道35

あの酷道439号線(笑)に繋がるR438に降りられるみたいです。途中チラッとほっそい道路が見えましたし。そしてここから1ピーク越えるのですが、思いがけず急勾配です。降る時に帰りが大変だ…と覚悟しまして、本当にそうなった時には泣きそうになりました。

登山道36

でもまだ「往き」なので、余裕があります。ぼちぼち赤いものがちらほら。

登山道37

降った所から、ようやくピークらしきものが見えてきました。でも赤帽子山は、このピークらしきもののまだ向こうでした。そして後から知ることになるのですが、山頂に立ったつもりの赤帽子山は実は本当の赤帽子山ではなくて、三角点のある赤帽子山は、そのまだ先の少し降った所にある山でした。

登山道38

そのピークらしきものからつもりの山頂へ向かう途中の笹原からの光景です。南側から覆いかぶさってきた雲が北斜面に落ちていってます。

山頂6

真新しい標識。地図とは違った標高。ん?と思いましたが、辺りを見回してもここが一番高いので、ここが山頂だろうと。でもGPSは正直でした。ここちゃうで、あっちやでー、と。

山頂7

あっちにあった本当の赤帽子山です。降って登ってのピストンを行う元気はもう無かったので、見ただけです。

登山道39

山頂(偽)近くで咲いていた何かの花。

パン

恒例の、ぱん、ぱんぱん。

昼飯

そして、サンドイッチ(ローソン)&コーヒー(ブレンディ)タイム。ちなみにストクルをまだ着てます。

で、食ったら、帰ります。

登山道40

降るときに覚悟した場所の一部ですが、写真では何故かなだらかそうに見えますね(・・?

登山道41

そんなこんなで、泣きそうになりながらも頑張って泣かずにようやくたどり着いた分岐。登り返さず、トラバースして戻ります。

登山道42

ちょっと広くなった道を降って行くと、

屋久島風1

ここは屋久島か?(笑)な世界が広がってました。

屋久島風2

苔むした倒木。

登山道43

気持ちのいい道。なにぶんにも基本トラバースなので、若干危険ですが。

貞光川源流

いくつか渡渉して辺りが暗くなった所で、貞光川の源流登場。ここから1km弱で、登山口に戻ります。

登山口4

ここの右側から入って、車の向こうに見える左側から出てきたというわけです。この時点で霧雨。この対面にあるラ・フォーレつるぎ山で汗を流して(当日はお風呂が無くてシャワーでした(>_<)ちょっと寒かった…)出てみると大雨。カッパ着続けても雨に遭わず、脱ぐと雨が降り出すという、なんとも運に恵まれた山行となりました。山も実にいい山でしたし(^_^)

ではまた。
スポンサーサイト
徳島の山 コメント:0 トラックバック:0

丸笹山・赤帽子山~前編

2012/09/11(Tue) 20:45
なんとなくな倦怠期間をどうにか遣り過ごして、徳島県は剣山の北にある丸笹山(1711m)から東方の赤帽子山(1620m)へ向かいました。登山道までの道すがら、標高が上がるにつれての晴れ→曇→雨という天候の変化を苦々しく思いながら登山口に着いた時には強めの風までが加わるという、個人的には「やっぱり」なお天気。もちろん躊躇無くストームクルーザーを身にまとい、颯爽と登山口を後にしたのは言うまでもありません。と、そこまでしたのに、山行中に雨に遭うことはありませんでした。。

登山口3

かつては国民宿舎だったラ・フォーレつるぎ山の駐車場の南側が登山口になっていますので、そこに車を止めさせてもらい、そのまま平行移動で登山開始です。

登山道23

登り始めは樹林帯ですので、もはや雨、風ともに無縁な状態になっています。若干寒かったのと、脱ぐのが面倒だったので上下合羽のままで進みました。

登山道24

苔むした石積み。どれくらい前の人が積んだのでしょうね。

登山道25

なんかもう、秋です。

登山道26

などと古に、あるいは季節の移ろいに思いを馳せたりしているうちに、樹林帯の出口が見えてきました。

登山道27

ここから先は笹原を歩きますが、ご覧の通り真っ白です。でもまあ、雨も降っていないので、山頂目指して意気揚々と。

山頂4

気合のせいか、あっという間に到着です。登山開始から約40分でした。山頂標識の後ろに見える一面の白いものが無ければ、そこには剣山が聳えているはずでした。残念、、

山頂から

たまたまガスが切れたときに撮った赤帽子山です。これからここへ向かいます。けっこう遠いなあ…

山頂5

山頂から少し北へ行った道の端に石造りの小さなお社が置かれていました。昔の力自慢が背負って登ってきたのでしょう。たぶん。

そして、このまま北側斜面を降り、赤帽子山への縦走路との分岐へ向かいます。

登山道28

丸笹山の北側はけっこう急ですが、森が綺麗!

登山道29

こんな道を降っていきます。

登山道30

貞光川源流の山ですし、その北面ということもあって、道の上下にはこんな風景が広がっています。

登山道31

と、いろいろ楽しんでいるうちに分岐に到着。ここから思いがけず大変だった縦走の始まりです。

ではまた、後編で。
徳島の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
849位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。