ときどき、山。

2012 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

城山・猫山

2012/03/18(Sun) 10:38
かれこれ一週間前(3月11日)となりますが、花粉にもめげずに讃岐の里山へ。

今回のお山は、城山(375m)と猫山(468m)という超低山。北側には四国唯一の遊園地NEWレオマワールドを擁する、つまりはNEWレオマワールドの裏山と申しますか。。

登山口はそのほにゃららワールドから少し西に行った綾歌森林公園にあります。多くの方はその公園内を通る遊歩道を使われるようですが、そこまで行くのが面倒だったので駐車場裏にある登山口から登り始めました。

登山口看板

よくある里山の風景です。

登山道

その後、10分だか15分だかで稜線に出ます。そしてその稜線から振り返ると、こんぴらさんが鎮座する象頭山を見ることができました。(写真の左の方に見えている白いうねうねが参道です。)

象頭山

で、少し歩いて東屋のあるピークを一つ越えると、例の遊歩道に合流。舗装された歩き難い歩道をさらに登ると立て看板。城山という名の通り、嘗てはここの山頂に城が築かれていたらしい、と。

看板

その看板に書かれてある諸々の説明を読んだりして「はぁー」とか「ほぉー」とか言いつつ体を反転させると、そこに城山への登り口があります。

城山へ

看板に描かれていた土塁がこれなんだろうな、というような風景を眺めながら5分だか10分だか登ると城山山頂です。さすが城跡らしくフラットな頂ですが、所謂城をイメージすると、狭っ!!って思います。1300年頃の話らしいので、2012年に生きる私には全くイメージすらできません。

城山山頂
城山山頂2

城山山頂から見るほにゃららワールド。

NEWレオマワールド

続いて猫山へ。

城山から南側の急斜面を下りて、例の遊歩道から延びた林道に合流します。

遊歩道(未舗装)

看板。

猫山へ

林道の脇に"ねこの道"という看板がありました。本来の登山道なのでしょうが、やっぱり面倒なので林道を行きます。

ねこの道

猫山への登り口です。讃岐の里山らしく、ここも階段始まりです。

猫山入り口

讃岐の里山らしく急峻な地形なので、岩場にはロープがあったりします。

ロープ

岩場を登り切ると、猫登場。

猫

そして、山頂。

猫山山頂

こちらの山頂は城山と違って木が生い茂り、ほとんど景色は見られません。それでも何とか木々の隙間から飯野山(讃岐富士)を見ることができました。(ちなみに飯野山を登っても山頂は森の中です。)

讃岐富士

写真ではわかりませんが、相当な強風でした。この後そそくさと猫山を後にし、山の陰で風が弱くなっている東屋(最初のピークにあったのとは違う東屋です)でカップヌードルを食べ、林道→遊歩道を使って下りました。下りている時にわかったことですが、この遊歩道はかなりの急坂で、結果論になりますが、これを上りに使わなくてよかったな、と。

↓山を下りて、駐車場に向かう道路です。

帰り道

この坂を上るのが嫌で山道に入ったのが結果的には良かったという、怠け者を正当化する山行となりましたことを報告させていただき、筆を置かせていただきたいと思います。では、またどこかのお山で。
スポンサーサイト
香川の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
849位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。