ときどき、山。

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫03

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

稲積山

2016/03/17(Thu) 21:45
寒いのがあまり好きではないのでぼちぼちです。

というわけで、またさほど高くない山に。

香川県の西の端、観音寺市にある稲積山。山頂に高屋神社の奥宮が鎮座しておりまして、里宮からおよそ40分で登ることができますが、ずっと急坂です。

稲積山 001

もう少し暖かくなるとハチが乱舞し始めますので、寒い時期じゃないとのんびりと歩けませんし、またイノシシの罠がそこかしこにありまして、もう少し暖かくなると所によっては獣臭を嗅ぐことができたりする典型的な里山です。

最初はコンクリートで固められた道、その後は岩の道、そして土の道と短い距離ですが、いろいろなパターンが体験できて、なかなか楽しい登山道です。そして最後のお楽しみが、

稲積山 002

江戸時代から残るとされる石積みの階段です。浮いてたり崩れていたりするので結構気を遣いますが、歴史に思いを馳せながら上るのもまた一興かと。

で、最近山頂部が整備されたそうで、階段を上りきった左手に東屋が設置されたり、奥宮の南側には

稲積山 003

真新しいトイレができていました。

で、階段の最上部からは

稲積山 006

穏やかな燧灘と観音寺市街。遠方には愛媛県の山並みも見ることができます(写っていませんが...)

こんな景色を愛でながら、

稲積山 007

缶コーヒーと一本満足でまったりとした時間を過ごしました。それにしてもこのシリアルブラックは美味しかったなあ。

また買おうっと。
スポンサーサイト
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

飯野山

2016/01/12(Tue) 21:38
なんだかんだで気がつけば山から離れて半年が過ぎていまして、身体が未知の状態ではさすがに冬の山に突っ込む自信はないので、とりあえず様子をみましょうということで讃岐富士です。

飯野山 001

久しぶりに来て最初に目に飛び込んできたのがこの看板。また立てたんか、とつい思ってしまいましたが、ちなみにこの看板の「けっこい」は「きれい」のことです。

で、飯野山というよりも山歩き自体が久しぶりでしたので、何を着て行けばいいんだろうということにすごく悩みまして(すごくは言葉の綾ですが)、低いとか暖冬とかはわかっていても、やっぱり冬だし寒いと嫌だし、でベースをキャプリーン3にしていったところ、暑くて暑くて。。

山の様子も晩秋な感じでしたし、途中で以前別の場所で見たことのある

飯野山 002

ネズの球果があったりしまして、何時だったかなあと昔の記事を探してみたところ、6月でした。年中あるものなのでしょうか?

さすがに半年程度ではこのくらいは問題ないようで、無事に行って帰って来られました。いまのところ筋肉痛も起きてないので、次はもう少し高度を上げていこうかと考えております。

休んでいる間に、気がつけばたまっていたポイントで新しいデジカメを手に入れました。ズームが6倍になっています。

飯野山 003

コンデジなので画はそれなりですが、結構大きく撮れるものです。考えてみれば6倍は従来(3倍)の2倍ですから、まあ、そうなりますわね。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

大川山

2014/12/12(Fri) 21:45
緑の山からいきなり白い山になってしまいました。月日の経つのは早いものですね。

徳島に大雪を降らせた強烈な寒波が去った直後ということもあって、予定を変更して冬の定番・大川山へ。登山口付近にはまだ若干の紅葉が残っていたりしたのですが、登山道には雪がちらほら。

大川山 038

大川山 1001

直線的に登っていくので、標高とともに雪の量が増えてくるのがまた楽しい。

大川山 1003

大川山 1004

展望台との分岐、尾根に取り付くところで、

大川山 1011

ヒトとクルマとケモノ。

大川山 1012

この地点では本日初歩き。でも、この後すぐに後から来た健脚のおじさんに追い越されます。年間150日も山に入っている御人には敵いませんて。。

大川山 1014

モノトーンの世界。ちなみにこの足跡は昨日以前のものと思われます。

大川山 1015

颯爽と歩く山入り年間10数日程度のおじさん。ザックがずれていますが、意味がわかりません。

大川山 1022

今回は先に山頂に来てみました。神社の裏にひっそりと在る山頂三角点。たぶん土管の中…

ここであることに気づきました。視界の隅の違和感というか、

大川山 1023

バスケットが、無い...

締め付けが甘かったのでしょうけど、自然に取れるものなのですねえ。値段的には二個セットで540円程なのですが、売ってる所を探すのが一苦労。ネットだとすぐに見つかりますけど、送料が同じくらい掛かってしまいますからねえ。。

大川山 1025

西側の景色です。明るさはあるものの曇っています。

大川山 1035

こちらが南側。同じく曇っています。この山の向こう辺りが被災地。自衛隊機でしょうか、ヘリが何度も上空を往復していました。

それはそうと、何故か

大川山 1028

頭上には青空が広がっていました。

大川山 1029

モンスター化した御神木も青空に映えてます。

大川山 1033

周りは曇っているのに何故か頭上だけが青空。不思議でした。

大川山 1032

そんな空の下でのパンの炙り。炎が見えないので時々アチッ!!てことにもなりましたけど、冷たいよりは温かい方が当然美味しいです。まして雪の中ですし。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

(少しだけ)五色台

2014/04/24(Thu) 21:37
良いとは言えない天気予報でしたが、とりあえず雨は降らないだろうということだったので早朝より徳島県へ向かったわけです。

で、目指す落合峠は標高1500mほどの所なので、当然山道を車でぐんぐん上っていくのですが、1000m付近まできたところ、

20140419071913.jpg

濃霧で数m先が見えない状況。このまま進むのは危険。敢えてその危険を冒して落合峠へ無事到着したところで、こんな中山に入るのは如何なものか、ということで今回は諦めて戻ることにしました。

じゃあ、これからどうするの?こんな朝早くに、ってことに当然なるわけで、気がそがれてしまって他の山を目指す気力が既に失われた状態で下した決断は、香川に戻ってうどんの食べ歩き。

県人でありながら、メディア的に有名なお店に行ったことがないというのでは話のねたにも困るというわけで、ねた作りのうどん遍路まがいをやってみました。

まず向かったのは、

20140419084903.jpg

山越。感想は述べません。

次に向かったのは、

20140419101247.jpg

がもう。感想は述べません。

で、二杯食べたらすっかり飽きてしまって、もううどんはいいからどこか歩こうという話になって、がもうの駐車場から見上げたのが五色台。

ところが、五色台は知っていても、どこをどうやって登るのかという知識は皆無。そこでスマホの地図に頼ってみると、近くに白峰寺という81番の札所がある。そこから82番の根香寺に向かって四国の道(遍路道)が延びている。そこを歩こうということに。

五色台 1002

取り付いてすぐの所に何かの赤い実。

五色台 1006

と、シャガの群生。

シャガはほとんどがまだつぼみの状態で、日のあたるところの何本かだけ花を咲かせていました。

五色台 1010

すっかり青空が覗くようになっていましたけれど、この時点での時間は午前11時。上空は霞んでいたので、高いところはどうでしょう?

五色台 1011

さすがに綺麗に整備されていますが、山の中はそれなりの道です。ずっとこんな感じではありません。

五色台 1012

しばらく行くと、ツツジの木が一本だけありました。

五色台 1014

そして、その木の反対側に『陸軍用地』

五色台 1015

自衛隊の演習場でした。

五色台 1016

春ですね。

五色台 1017

足すと5km。往復10kmも景色のない山の中を歩きたくはないので、1時間歩いて戻ってくる方式を採りました。

五色台 1018

標柱に『オワリ』と書いたガムテープが貼られていました。『オワリ』があるということは『ハジメ』がどこかにあるはずですけど、

五色台 1021

なんか中途半端な所に『スタート』がありました。『スタート』なら『ゴール』だろうと思うのですが、もしかしたら別のどこかに『ゴール』があるのかも知れませんが、深追いはしません。面倒だし。それにしても、このマークはなんなんでしょうね。

五色台 1022

春ですねPart 2。

五色台 1027

山中の山桜はすっかり散ってしまっていましたが、お寺の入り口には別の桜がまだ咲いていたり、春という季節は十分に満喫できました。でも、汗をかいて山に登りたかったw

五色台 1028

本日唯一の景色らしい景色です。霞んで見えにくいですけど、瀬戸大橋です。

こんな霞も春ですね。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

雲辺寺山

2014/03/22(Sat) 13:12
非常に行動範囲が狭まっている昨今ですが、今回もお近くです。

春・三月ということで、ぼちぼちお遍路さんが歩き始める季節。私的にはそんな気は更々ありませんが、今回は雲辺寺山への登山道でもある雲辺寺と次の札所・大興寺を結ぶへんろ道を歩きます。

雲辺寺山 1001

いきなり急な階段から。だらけた日々の生活で体が全く鈍りきっていまして、歩き始めの数十分は息が上がって何か喋ろうにも喋れない状態が続きました。

雲辺寺山 1002

おまけに風は強いし、だから寒いし、予想では17度くらいまで気温が上がるはずだったので、寒さに対する気持ちの準備もできていないし、もちろん装備もそんな気構えだからいい加減だし、だからとにかく辛かったです。

雲辺寺山 1004

椿の写真もボケてるし(笑)

雲辺寺山 1005

ただ天気は良かったです。けど、PMなんとかとか黄砂の影響で霞んでいて、あるはずの瀬戸内海は見えませんでしたけどね、、

雲辺寺山 1006

稜線近くまで上がってくると、まだ雪が残っていました。標高で800mくらいでしょうか。

雲辺寺山 1011

雲辺寺近くにある道標。小松尾寺というのは大興寺のことです。

雲辺寺山 1007

寒いとは言っても、季節は3月。木々も芽吹きの準備をしていました。

ということで、今回はこれだけ。あまり書くことがないもので。。

雲辺寺山 1010

ちなみに昼食もいい加減なものでした(^_^;)では、、
香川の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
16372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
884位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。