ときどき、山。

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

紫雲出山

2017/04/16(Sun) 17:01
主目的は花見です。なので今回は電車&バス移動です。

紫雲出山 1026

バス停から四国の道を小一時間ほど歩いてたどり着くと、すっかり満開の桜。

紫雲出山 1030

海が一緒に見えるとまた格別です。

紫雲出山 1032

山頂の広場も桜、桜。

紫雲出山 1038

桜、桜...

紫雲出山 1041

こんな場所で酒が呑める幸せ。また来年も来よう、っと。
スポンサーサイト
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

大川山

2017/04/16(Sun) 16:37
2017年1月のことです。

大川山 1008

年の初めは大川山、ということで行ってみたのですが、今年は雪が少なくて、例年は見えないものが見えていたりしました。

大川山 1023

いつもなら雪が載っている樹には霧氷とか、

大川山 1002

木の枝にとまるヤマガラとか、

大川山 1024

雪に埋もれて見えなくなっている三角点とか。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

稲積山

2016/03/17(Thu) 21:45
寒いのがあまり好きではないのでぼちぼちです。

というわけで、またさほど高くない山に。

香川県の西の端、観音寺市にある稲積山。山頂に高屋神社の奥宮が鎮座しておりまして、里宮からおよそ40分で登ることができますが、ずっと急坂です。

稲積山 001

もう少し暖かくなるとハチが乱舞し始めますので、寒い時期じゃないとのんびりと歩けませんし、またイノシシの罠がそこかしこにありまして、もう少し暖かくなると所によっては獣臭を嗅ぐことができたりする典型的な里山です。

最初はコンクリートで固められた道、その後は岩の道、そして土の道と短い距離ですが、いろいろなパターンが体験できて、なかなか楽しい登山道です。そして最後のお楽しみが、

稲積山 002

江戸時代から残るとされる石積みの階段です。浮いてたり崩れていたりするので結構気を遣いますが、歴史に思いを馳せながら上るのもまた一興かと。

で、最近山頂部が整備されたそうで、階段を上りきった左手に東屋が設置されたり、奥宮の南側には

稲積山 003

真新しいトイレができていました。

で、階段の最上部からは

稲積山 006

穏やかな燧灘と観音寺市街。遠方には愛媛県の山並みも見ることができます(写っていませんが...)

こんな景色を愛でながら、

稲積山 007

缶コーヒーと一本満足でまったりとした時間を過ごしました。それにしてもこのシリアルブラックは美味しかったなあ。

また買おうっと。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

飯野山

2016/01/12(Tue) 21:38
なんだかんだで気がつけば山から離れて半年が過ぎていまして、身体が未知の状態ではさすがに冬の山に突っ込む自信はないので、とりあえず様子をみましょうということで讃岐富士です。

飯野山 001

久しぶりに来て最初に目に飛び込んできたのがこの看板。また立てたんか、とつい思ってしまいましたが、ちなみにこの看板の「けっこい」は「きれい」のことです。

で、飯野山というよりも山歩き自体が久しぶりでしたので、何を着て行けばいいんだろうということにすごく悩みまして(すごくは言葉の綾ですが)、低いとか暖冬とかはわかっていても、やっぱり冬だし寒いと嫌だし、でベースをキャプリーン3にしていったところ、暑くて暑くて。。

山の様子も晩秋な感じでしたし、途中で以前別の場所で見たことのある

飯野山 002

ネズの球果があったりしまして、何時だったかなあと昔の記事を探してみたところ、6月でした。年中あるものなのでしょうか?

さすがに半年程度ではこのくらいは問題ないようで、無事に行って帰って来られました。いまのところ筋肉痛も起きてないので、次はもう少し高度を上げていこうかと考えております。

休んでいる間に、気がつけばたまっていたポイントで新しいデジカメを手に入れました。ズームが6倍になっています。

飯野山 003

コンデジなので画はそれなりですが、結構大きく撮れるものです。考えてみれば6倍は従来(3倍)の2倍ですから、まあ、そうなりますわね。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0

大川山

2014/12/12(Fri) 21:45
緑の山からいきなり白い山になってしまいました。月日の経つのは早いものですね。

徳島に大雪を降らせた強烈な寒波が去った直後ということもあって、予定を変更して冬の定番・大川山へ。登山口付近にはまだ若干の紅葉が残っていたりしたのですが、登山道には雪がちらほら。

大川山 038

大川山 1001

直線的に登っていくので、標高とともに雪の量が増えてくるのがまた楽しい。

大川山 1003

大川山 1004

展望台との分岐、尾根に取り付くところで、

大川山 1011

ヒトとクルマとケモノ。

大川山 1012

この地点では本日初歩き。でも、この後すぐに後から来た健脚のおじさんに追い越されます。年間150日も山に入っている御人には敵いませんて。。

大川山 1014

モノトーンの世界。ちなみにこの足跡は昨日以前のものと思われます。

大川山 1015

颯爽と歩く山入り年間10数日程度のおじさん。ザックがずれていますが、意味がわかりません。

大川山 1022

今回は先に山頂に来てみました。神社の裏にひっそりと在る山頂三角点。たぶん土管の中…

ここであることに気づきました。視界の隅の違和感というか、

大川山 1023

バスケットが、無い...

締め付けが甘かったのでしょうけど、自然に取れるものなのですねえ。値段的には二個セットで540円程なのですが、売ってる所を探すのが一苦労。ネットだとすぐに見つかりますけど、送料が同じくらい掛かってしまいますからねえ。。

大川山 1025

西側の景色です。明るさはあるものの曇っています。

大川山 1035

こちらが南側。同じく曇っています。この山の向こう辺りが被災地。自衛隊機でしょうか、ヘリが何度も上空を往復していました。

それはそうと、何故か

大川山 1028

頭上には青空が広がっていました。

大川山 1029

モンスター化した御神木も青空に映えてます。

大川山 1033

周りは曇っているのに何故か頭上だけが青空。不思議でした。

大川山 1032

そんな空の下でのパンの炙り。炎が見えないので時々アチッ!!てことにもなりましたけど、冷たいよりは温かい方が当然美味しいです。まして雪の中ですし。
香川の山 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
13595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
810位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR