ときどき、山。

2017 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

冬物二題

2015/03/22(Sun) 15:43
シーズン終わりだし今シーズン購入の冬物についてちょこっと書いてみます。

Rab Orbit Pull-On

2015032209.jpg

素材はPolartec Classic 100という普通の薄手のフリースです。マイクロフリースなので肌触りも良くて着心地も良いです。行動着にと思って購入しましたが、実際山で着たのは一度だけ(0℃前後の気温では行動中は暑いです)。ほとんどが普段使用でした。アンダーシャツにこれと適当なアウターで真冬でも十分暖かかったので非常に重宝しました。

サイズはサイズ表からもぴっちぴち覚悟のSサイズ。着れなくはないです。多少はストレッチしますし。ただ、次のナノパフもそうですけど、ぴちぴちだからとワンサイズ大きくすると、とんでもなくだらしなくなってしまうので頑張って着ることを自らに強いるのですが、カッティングがいいのか身体のシルエットがいいのか、着ていて窮屈な感じは全然ないです。身にまとった瞬間だけ、ん?と思う程度で。

Patagonia Nano Puff Jacket

2015032208.jpg


モンベルのダウンジャケットも古くなったし、ここらで新たなインサレーションジャケットを、と発売当初からずっと気になってたパタゴニアのナノパフジャケットを購入。とは言え、プロパーだと3万円近くする代物ですのでそう簡単には買えないなぁと行きつ戻りつしていたところ、神の恵みか40%オフで売られているのを見つけて、これ幸いにと即買い。サイズはSとMがありましたが、こちらも迷うことなくSサイズです。ちなみにXLだと半額でしたが、さすがにないですね。

インサレーションはプリマロフト・ゴールド。個人的な感想ですが、言うほど暖かくはないかな?と。当然風も全く遮断するわけではないので、真冬はアウターシェルとの併用がよろしいかと。

それでも扱いの手軽さ、洗っても数時間後には乾いているという撥水性・耐水性は魅力ですし、軽い上に動きの邪魔にならないとくれば、これも個人的な嗜好としてですが、ダウンよりはこちらを選択します。

タイトルに冬物と書きましたけど、ナノパフの方は季節を選ばずずっと使えるんじゃないかと思います。さすがに夏の低山では必要ないかも知れませんが、たたむとかなりコンパクトになりますので、ザックに入れておいてもさほど邪魔にはならない感じですし、見た目の金額はあれれ(@_@)ですけど、コストパフォーマンスは結構高いとやっぱり個人的には思います。
スポンサーサイト
山道具 コメント:0 トラックバック:0

finetrack カミノパンツ

2014/07/06(Sun) 19:21
ノースフェイスのバーブパンツというのを非常に気に入ってしまって、どうせなら春夏もバーブをということで薄手のバーブライトパンツというのを購入して使っていたのですが、四国の夏にはどうも向いてないということに2シーズン使用してようやく気がついて、他にないかと探して気になったのがカミノパンツ。

バーブライトパンツの前にはモンベルの何とかっていうパンツを使っていたのですが、これが汗を吸うだけ吸ってデロンデロンの重量物になるという代物で、これはさすがにイカンからと汗をかいても重くならないパンツをということでバーブライトパンツにしたものの、これはこれでベタつくし蒸れるしで良いところはあったものの基本的には不快。なので、希望としてストレッチ性は欲しいけどポリウレタンは嫌。蒸れなくて汗をかいてもすぐ乾く。それでタイトなシルエット。カタログ上それを全て満たしていたのがカミノパンツだったというわけで、いざお店へ。

ところが実際に見て試着したところ、言うほどストレッチするわけでもないし、言うほどタイトじゃないし?軽いのは認めますけど、ストレッチ性を謳っていながらの立体裁断?まあ、ストームゴージュに比べれば断然そうですけど、それはともかく何故に立体裁断?ということが気になりつつも、他にポリウレタンを使っていないタイトな感じのパンツも見当たらないので、その辺りのことには目を瞑って購入と相成りました。

201444193659jpg.jpg

その後三ヶ月経って六回ほど使用してみましたが、最初はやっぱり立体裁断である膝の切替え部分が脚を上げるたびに肌に擦れて嫌な感じだったのですが、何度か洗濯をすることで生地が伸びたのか最近は全く気にならなくなっています。カタログにはへたりにくいとは書いていますが、伸びないとは書いていないので、そこのところはOKでしょうかね。

で、この商品を見ると、こんな生地で大丈夫?とか、こんなのだったら半値ぐらいでモンベルにありそうとか、これでこの値段?とか思うことがあるかも知れませんが、というかおそらく思うでしょうが、そう言えば最近はパンツがどうとか思ってもいない人も現実にはいるので、自分ですが、それなりにいいパンツなんじゃないかなと思います。

20140414193731.jpg

あと、自分は普段から使うことがないので気にもなりませんでしたけど、このパンツには後ろポケットがありません。軽量化のためなのかどうかはわかりませんが、この点はご注意を。
山道具 コメント:0 トラックバック:0

mont-bell ミッテルレギ フルジップセーター

2014/01/26(Sun) 20:27
昨シーズンくらいからジップアップのニットが欲しくてずっと探していたものの、なかなか思うようなものが見つからずに今年も無しかと思っていたところ、偶然立ち読みした雑誌で見たこのセーターが気になってネット検索してみると、ネイビーカラーはほぼ完売。グレーはいくらでもあるのだけど、どう見てもイケてない。やっぱり無しかと諦め半分で、とりあえずモンベルへ行ってみようと。

すると、どうでしょう。これを買えと言わんばかりに、ネイビーのしかもMサイズが一着だけある。うは!と歓喜したものの、ちょっと待て。とりあえず試着してみないと、と着てみると若干大きいかも。幸いにもそこにはグレーがフルサイズ揃っていたので試しにSサイズを試着してみたところ、サイズ表記が間違っているのかと思ったくらいMと変わらないサイズ感。しかも、やっぱりイケてない。じゃあ買え、と後先考えずに買って来たのがこれ↓

mont-bell 001

素材はメリノウール100%。肘と肩に化繊製の補強。胸のポケットも同素材。グレーの場合、このパッチ部分の色の差がありすぎてダサい。何故もっと似通ったカラーにしなかったのかと思うけれど、メーカーの人間ではないので、思うだけ。

mont-bell 002

ポケットは胸と左右に二つの計三つ。サイドポケットにもファスナーが付いているのはありがたいです。たぶん山で使うことはほぼないとは思いますが、買えた嬉しさでつい書いてしまいました(笑)

・・・

テレビを見ていたら宍戸開さんがこれのグレーを着ていました。で思ったのですが、イケてるイケてないは着る人によるということのようです(^_^;)
山道具 コメント:0 トラックバック:0

Osprey アトモス 35

2013/12/14(Sat) 17:47
同じオスプレーのタロン33が3年使ってだいぶ草臥れてきていたので、そろそろ代替をと購入したのがアトモス35。個人的には信頼のオスプレー。他のメーカーと比べることもせずに指名買いしました。アトモスにしたのは、荷物の出し入れのし易さからパネルローディングのザックが欲しかったため。ケストレル32という同じパネルローダーはありますが、ケストレルはなんかねえ 笑

と言っても、全く触れもせずに購入するというのはさすがにどうかと思ったので、一応お店で試着させてもらって、安心を確認したうえでグレイシャーブルーというカラーを発注しました(お店にあったのはグラファイトグレー)。ところが…

二週間ほど経ってお店から連絡をもらって、行って見た瞬間、あれ?。カタログの色と全然違う。まあ、青は青なんですけどね。

カタログでは↓

OS50202Pcolor.jpg

実際の色は↓

20131201102524jpg.jpg

違うと言ったところで、アトモスの青はこの青しかありませんから、もう仕方ないですね。これを使います。ちなみに先日の寒風山でアトモスの50を背負った人と遭遇しましたが、この青でしたのでこういうことなのでしょう→オスプレーのグレイシャーブルーは、セルリアンブルーのこと 笑

背負った感じは、腰でしっかりホールドするので背中や肩が楽です。フレームも入っているので適当にパッキングしても大丈夫。タロンはフレームレスなので、あれこれ出し入れした後のパッキングがぐちゃぐちゃになった帰り途ではストレスを感じることがありました。まあ30ℓ程度のことなので、言うほどのことではないですけども。自分がしっかりやればいいだけの話ですし。

ということで、しばらくはこの青いアトモスが相棒となります。タロンは壁飾りかなあ…
山道具 コメント:0 トラックバック:0

OUTDOOR RESEARCH AXIOM JACKET

2013/08/06(Tue) 21:38
とにかく風を防げるジャケットが欲しかったのです。今持っているウィンドブレーカーは、暖かくて穏やかな時なら装備として十分な物かも知れないけれど、冬の時期やとんでもなく強い風の吹く時には実際使いものにならなかったわけで、そうそうそんな状況があるわけではありませんが、いざって時に頼りないジャケットではやっぱり困る。と一念発起して、それなりの物を買おうと。それには少なくとも2万円位は出そうと(笑)

で、候補として選んだのがOUTDOOR RESERCHのヘリウムⅡジャケットとfinetrackのニューモラップ・フーディ。ニューモラップは実物を見ているので、見たことのないヘリウムⅡよりは6千円ほど高くなるけど、そちらの方がいいかなあと漠然と思っていました。ファブリックがWINDSTOPPERなので、文字通り防風なわけですし。

ところが、何となくウェブを眺めてたら、アキシオムジャケットが一つのカラーだけ安い(と言っても、2万8千円ほどですが)。それはレモングラスなのですが、別に嫌な色じゃない。本当なら4万円以上という絶対に手の出ない物。予算は少しオーバーするけどニューモラップに4千円弱プラスするだけ。普段なら「だけ」とは決して言わない金額ですが、その時は悪魔が勝っていたようです。

test 004

ということで届きました。ウェブで見ている時は、少し暗めの緑がかった黄色。ところが開けてびっくり、蛍光ペンの黄色じゃん(笑)まあ、いいんですけど。

test 005

平置きにしてみました。ファブリックはゴアテックス・アクティブ。このシェルに関しては、防水が中途半端とか強度が無いとか、いろいろ悪口も多いです。でも、その辺りのことはストームクルーザーもありますので、使い分ければ済むこと。気にはなりません。そもそもレインウェアとして買ったわけではないですから。

test 008

3レイヤーなので、完全に覆われています。シーム処理も完璧です。

test 009

右袖には、お決まりのロゴ。個人的には無い方がいいと思っているのですが、既にある物は仕方ないですね。

非常に薄いシェルですので、これを着て藪とかには踏み込まないほうがいいでしょうね。泣きを見ることになるかも知れません。その時には、この上からウィンドブレーカーを羽織りましょうか(笑)
山道具 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

gmogu

Author:gmogu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
849位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。